【Brise Audio製】UPG001 Φ4.4mmバランス標準プラグ(Pentaconn)-MMCX

商品名 : 【Brise Audio製】UPG001 Φ4.4mmバランス標準プラグ(Pentaconn)-MMCX

商品コード : upg001epPENmmcx

製造元 : Brise Audio

価格 : 30,240円(税抜き28,000円)

納期は後日ご連絡いたします。

ポイント : 302

数量 :

ショッピングカートに入れる

 2万円以上は送料無料

商品説明

昨日より、当店店頭および、コールオンラインショップにて、Brise Audioさんの製品を取り扱いさせてもらうことに!

店長野田のTwitterではかなり騒いでたので、ご存知の方も多いとは思うけど・・・。すでに、ブリスさんの「Φ4.4mmバランス標準プラグ(Pentaconn)-MMCX」は、試聴機を店頭にて展示開始。

img20161020163401613653

店長野田も、その試聴機で聴いたのがはじめて。で、その音色のすばらしさに、「これは是非、お客様におすすめせねば!」 
ってことで、販売させてもらうことになったわけ。

その実機レビューは、明日にでもお届けするとして、まずは、当店での販売開始についてのお知らせってことで。

-----------------------------------------------------

calltencho_2016-11-13_19-13-30_No-00

↑Φ4.4mmバランス標準プラグ(Pentaconn)-MMCX

コールオンラインショップ

MMCXプラグなので、ソニー問わず、多くのイヤホンに対応。 
特に、ウォークマンWM1シリーズお持ちの人には、強くおすすめ。

コールオンラインショップ

-----------------------------------------------------

●納期は要注意!

ソニー純正のキンバーケーブル以外では、4.4mm5極プラグのケーブルは非常にレア。その上、肝心の4.4mm5極プラグ自身の製造メーカーからの供給が追いつかないため、ケーブルメーカーさんも、ガンガン製造ができない状況。

ということで、当店への最初の入荷が、12月10日過ぎくらいとのこと。

ご理解の上、ご注文くださいませ。。。

 

Brise Audio製 4.4mm5極プラグ-MMCXケーブル「UPG001」実機レビュー

DSC09255

昨日より、当店にて予約販売をスタートした、Brise Audio製4.4mm5極プラグのケーブル各種。 
今回は、その中から、最も売れ筋と思われる、MMCXプラグ対応の「UPG001 Φ4.4mmバランス標準プラグ(Pentaconn)-MMCX」を実機レビューしてみる。 
このケーブルは当店店頭では、2日前の11月12日(土)より試聴機を展示中。

DSC09257_1

↑ケーブルは、少し堅め。バランスケーブルなのでもちろん4線式。 
4.4mm5極プラグは、日本ディックス製Pentaconn。プラグケースが太めだが、「Brise Audioロゴ入りの」収縮チューブで、うまくまとめられてる。

DSC09258

↑プレーヤー側は4線すべてがまとめられてるが、イヤホン側は当然、2又になっており、木製のケーブルスライダーで、調整できるようになっているのが面白い。 
このケーブルスライダーは、素材を吟味し、バイブレーションスタビライザーとしての効果もあるそうだ。

DSC09266_1

↑ケーブル自体少し固めだが、形状記憶してくれやすいので、特に、MMCXプラグへの負担が気になるその根元部分は軽く曲げてやると、そのまま保持してくれる。また、木製アジャスターで、軽く首元へ向かってしぼってやれば、安定する。やわらかいケーブルからのリケーブルでは、少々戸惑うだろうが、慣れてしまえばどうってことはない。

-----------------------------------------------------

では、試聴してみよー。

ソニーさんの試聴機にも必ずといっていいほど入っている、絢香の「三日月」からスタート。 
1stインプレッションとしては、「ほー、よくボーカルが際立ってる。一歩前へ出てきて歌ってれてる感じ」。。。ソニー純正のキンバーケーブルMUC-M12SB1よりも。第一印象すごくいいね!

つづいて、がらっとジャンルを変えて、Sheffield Labの「Drum Improvisation1」。ドラムソロ。低音チェックになかなかオススメ。 
へぇ、案外、低音はやわらかいんだねぇ。ここらへんは、かなりキンバーと違う印象。キンバーはどちらかというと、キレのある低音で、サッと出て、サッと引っ込むような、スピード感ある低音。ブリスは自己主張せずに、音全体を底上げするような働きをしているような低音。ボーカルをジャマしないのかな。この曲は、キンバーのほうが好きだな。

最近、録音状況がいいと感じてよく聴いてる、宇多田ヒカルの「花束を君に」。ピアノとボーカルだけの出だし。宇多田ヒカルのハスキーで、低音域が魅力ののボーカルパート。んー、ここは、キンバーのほうが好きかも。低音のキレが、ボーカルの輪郭もしっかりとし、聞きやすくしてくれてる。透明感すら。

Michael Jacksonの、Love Never Felt So Good。出だしの、、、ベースは、ブリスのほうがやわらかくて好きだなぁ。

田中彩子のモーツァルト:夜の女王のアリア〜歌劇<魔笛>より。。。完全に守備範囲外のソプラノオペラ歌手の楽曲。情熱大陸で見て、番組終わる前に、moraで、DSDアルバムポチッとした^^; 
https://www.youtube.com/watch?v=7MyUqiv2ATU 
日本人でこんな歌声の人、いるんだね。 
で、、、ブリスだね。こういう曲は。この方の声って、再生環境悪いと、耳につきささって、頭痛くなるんだよね。それくらいつきぬけたソプラノボイス。ブリスいいね。スコーンと抜けていく。

-----------------------------------------------------

キンバー、ブリスは、明らかに、方向性が違うケーブルだなぁと。 
どっちがいい悪いの、優劣をつけるもんじゃないなと。今回のインプレッションも、両方のケーブルが手元にあるから、比較して「いちゃもん」つけられたわけで^^;どちらか片方しかなければ、それはそれでなにを聴いても満足してただろうし。。。 
ムリヤリまとめると。 
キレのいい低音、透明感、、、キンバー 
まろやかな低音、伸びのある高音、、、ブリス 
XBA-N3、Justear店長野田モデルND1、、、ウォークマンWM1Z。これらハードと、上記、楽曲などでの、店長野田のインプレッションでした。。。

当店取扱のその他のBrise Audio製品は、入荷次第レビュー掲載してく予定。

-----------------------------------------------------

Brise Audio 4.4mm5極関連ケーブルは、当店オンラインショッピングサイトで!

-----------------------------------------------------

当店ブログ「4.4mm5極プラグのキンバーケーブル3兄弟、まとめて実機レポート!」

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません